自分にとっての、ワクワク生きる方法がわからない…

読了時間|5分

今回も、ワクワク生きるための「ワクワク本質思考」で考える。


【wack】自分にとっての、ワクワク生きる方法がわからない…

無我夢中で生きて、余裕ができて立ちどまる。

立ちどまるから、冷静に考えられる。

このままの生き方でいいのか、

周囲が「それ」という生き方でいいのか。

なんだかモヤモヤして仕方ない。

もしも、そんな気持ちになる人がいるなら

いまいちど、しっかりと考えよう。

私も、しっかりと考える。


【waku】自分を知り、夢中を継続する。

結論は

自分を知り、夢中を継続する」ことである

と、強く思う。

どのような角度から思考しても、この結論に至るようだ。

理由は後述するが、少し先出しする。

まず「努力」は「夢中」に勝てない。

やめなさいよ、と言っても、やめない。

やめさせても、気づいたら、またやっている。

困ったものだと思いきや、それが自分なのだから飽き飽きする。

でも、それがたまらなく楽しくて、止まらない。

止まらずに継続するから、洗練される。

洗練はやがて圧倒性を連れてくる。

圧倒的に得意なことでは、他者になかなか負けない。

負けないもんだから、楽しい、楽しいと夢中になる。

夢中を継続する。おしまい。いや、おわらないんだけどね。


【 理由 】自分にとって本質的なワクワクを継続できるから。

自分にとって本質的であることが、

なにより大切だと思う。

じゃあ、それをどう実現するか悩ましい。

行動して見つけるしかないけど

闇雲に行動しても、納得せずに人生おしまい。

そんなおわりは悲しいから、

ゴールは「夢中を継続する」でいいんだけど、

なるべく自分にフィットする「夢中」で進めたい。

(そもそも現状把握なしでゴールにたどり着けない。運が良くてラッキー!…はあるだろうが。)

そこで、まずは「現状把握」ということで

「自分を知る」ことにしよう。

さまざまな方法で「自分を知ろう」と試みる。

自己分析である。

読者には、最短 最速 的確な自己分析を提示できればと思うため、

私自身が自己分析し終えるのをいましばらく…。

さて、具体的な自己分析のおはなし。

活用したものの一覧として、分析ツールと書籍を示す。

それに加え、私自身の自己分析を示す。

記事には「手順」や「結果」が膨大に書かれているものもあるため、お気をつけて。

手順/結果が不要ならば、以下の一覧部分は読み進めていただければと思う。


ワクワク本質思考を実践するためにも、できる限りの自己分析を行った。

読者にとって、なにかしらのヒントになれば嬉しい。

「自分を知る」方法としての最終結論は…もうしばらくお待ちを。

(上の記事たちを書きあげたら、必ず整理して、書きますよ。)

結局、

現状把握のため「自己分析」を行い、

自己分析から、自分にフィットする「夢中に継続できること」を把握する。

それをただひやすら「夢中に継続する」が、ワクワク本質思考であると思う。


【 締括 】

今回も ワクワク生きるための「ワクワク本質思考」で考え、結論を出した。

今後も 読者がワクワク生きる方法を考え抜きたいと思うため

「こんな wack の削り方を取り上げて欲しい…」

「こんな waku で解決できた wack がある!」

などあれば、ご連絡を。しっかりと向き合いたい。

ワクワク本質思考で

よりよいワクワク人生を。


【 参考 】

宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたを引き出す自己分析

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

科学的な適職

スタンフォード式人生デザイン講座

転職の思考法

仕事は楽しいかね?

スタンフォードの自分を変える教室

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA